松本は水が豊富!名水を活かした純和風の菓子店「御菓子処 藤むら」

松本観光の中でも、昔ながらのなまこ壁の街並みが人気となっている中町通り
中町・蔵シック館から南に50メートルほどで、
純和風の情緒あふれる和菓子店「御菓子処 藤むら」が見えます。

御菓子処 藤むら

お店の居心地のよさは元より、
気になるお菓子の味は、松本スイーツコンテスト2017のおみやげ部門でグランプリを受賞するほど。

今回は、和菓子店藤むらの魅力を紹介いたします。

お菓子は松本ならではの素材を使用

取材に応じて下さったのは、藤むら代表取締役社長の近藤さんです。

藤むらのお菓子の特色は、松本ならではの素材を使っていること。
人気メニューは和菓子の酒まんじゅうと、洋菓子のレーズンクッキーです。

藤むら 近藤さん
酒まんじゅうは、松本の地酒と酒粕を使用しています

しかし、ポイントはそれだけではありません。

松本は平成の名水百選に選ばれるほどの地域です。
美ヶ原など市東側の筑摩山地からの雨や雪が地下水となり、
街の至るところで井戸水として利用されています。

藤むら 近藤さん
水も松本の井戸水を使っています
中町蔵の井戸

藤むらでは、店の向かいにある徳武竹材店敷地内の井戸水と、
中町・蔵シック館前にある中町蔵の井戸の水を使っているのです。

松本の地の利を活かしたお菓子を作られているということですね。

実際にお菓子をいただきました
御菓子処 藤むらの酒まんじゅう

そろそろ、そのお味が気になるころかと思います。
藤むら人気メニューの酒まんじゅうとレーズンクッキーをいただきました。

酒まんじゅう(1個97円)は、しっとりとしたこしあんが詰まった甘さ控えめの和菓子です。
一口ぐらいのサイズながら見た目以上にボリュームがあり、
甘いものが苦手の方にもおすすめの一品です。

御菓子処 藤むらのレーズンクッキー

れぇずんくっきい(1個150円)もクッキーの生地がしっとりとしています。
1センチ以上の厚みがあるなど、1個だけでも食べごたえ十分で、
クッキーの間にはクリームとレーズンがたっぷり入っています。

しかし、味の主役はあくまでクッキー生地にあり、
クリームとレーズンは脇役に徹しています。
個々の要素がケンカすることなく、味に一体感のあるお菓子と感じました。

クリームとレーズンによる食感の違いを楽しみつつも、
頭の中は「クッキーを食べている」という印象でいっぱいです。

クッキーが好きな人なら、一つだけでもお腹いっぱいまで食べたという気になること間違いありません。

御菓子処 藤むら

用意されているパッケージは様々で、1個ずつ購入することも可能となっています。

御菓子処 藤むら

また、れぇずんくっきいでは、6枚入りから12枚入りだけでなく、
・18枚入り…2800円
・24枚入り…3750円
も用意されています。

御菓子処 藤むらはどこにあるの?
御菓子処 藤むら

元々松本市西堀に店舗がありましたが、
道路拡幅に伴い、2003年から現在の中町通り南側に移転しました。

御菓子処 藤むら

ちょっとした日本風の庭園まで備えるなど、
外観だけでなく店内の雰囲気もゆったりとして落ち着いています。

最後に観光客の方にメッセージをお伺いしました。

御菓子処 藤むら
藤むら 近藤さん
店内に席もありますので、お気軽にお立ち寄り下さい。お茶もサービスいたします
御菓子処 藤むら
■住所 長野県松本市中央2−9−19
■TEL 0263-32-1421
■営業時間 9:00~18:00
■定休日 水曜日

※取材日:2017年5月15日

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です