蔵造りが並ぶ中町通りでちょっと休憩にぴったり!中町・蔵シック館

昔の日本の文化を観ることができる場所。

中町・蔵シック館は酒屋を移築した建物で、
電気設備を設けるなど、利用しやすいように改良こそされているものの、
明治21年に建てられた当時の姿を今に伝えています。

現在、公民館の機能を兼ね備え、貸し部屋なども行っています。
展示や物販、会議、コンサートなどの様々なイベントを
ホームページなどで告知。
1室1日3,220円で部屋を利用することができます。

中町・蔵シック館のホームページはこちら

梁が美しい見事な建築
蔵シック館 スタッフ
展示をやっていないときでも見学は無料でできるので、館内を見に来る方がいらっしゃいます
中町・蔵シック館

1番のお目当ては、幾重にも張り巡らされた天井の梁なのではないでしょうか。
入り口から入ってすぐ、上を見上げるとこの光景を
見ることができるのです。

中町・蔵シック館

天井からの光もあって、マス目状に組み上げられた梁がよりはっきりと。

中町・蔵シック館

この建物は、釘を使っていません。
梁は、上の写真に見るように楔を打ち込んで固定しているだけ。

蔵シック館 スタッフ
地震が来ると、楔が外れて力を逃す免震構造になっています。昔の人の知恵って本当にすごいですね

梁の美しさもさることながら、機能美も兼ね備えた建物なのです。

中町・蔵シック館

梁だけに限らず、そういった機能は外観の壁にも表れています。
中町通りには、写真で見るような「なまこ壁」で作られた蔵造りの街並みが揃っています。
なぜこのような作りの街並みになっているのでしょうか。

蔵シック館 スタッフ
明治期に松本では大火が何度もありました。多くの建物が焼失してしまった中で、なまこ壁の商家は焼け残りました。それで、なまこ壁は火に強いということがわかったんです

それが今日の中町通りの景観を築く一因にもなっていると言えるでしょう。

現在もお酒を作っています

中町・蔵シック館は、元々「大禮酒造」という酒屋を、
平成8年に現在の場所に移築したものです。

実は、酒屋であるということが一目でわかる工夫が現在でも残されています。
それは一体何でしょうか。

中町・蔵シック館

それが、2階の壁に掲げられているこの「杉玉」です。

蔵シック館 スタッフ
新作のお酒が出るたびに、青々とした杉玉を掲げるのが習わしなんです

それによって、庶民は新作が出るタイミングを知ることができました。
これは現在でも使っているのか尋ねたところ、

中町・蔵シック館
蔵シック館 スタッフ
毎年1月に「中甼(なかまち)」という銘柄のお酒を作っていますので、そのときに杉玉を変えています。ポイントは、中町の井戸水を使ってお酒が作られていることですね

このお酒は、蔵シック館では扱っていませんが、
同じ中町通りの「中西屋本店」と「cafe SENRI 中町店」で購入できます。

中西屋本店

こちらが中西屋本店です。
中町・蔵シック館のななめ向かい側に位置しています。

中西屋本店
■住所 長野県松本市中央2-10-13
■TEL 0263-32-0413
■営業時間 9:30~19:30
■定休日 日曜日・祝日

 

中西屋本店

 

cafe SENRI 中町店

こちらがcafe SENRI 中町店です。

cafe SENRI 中町店
■住所 長野県松本市中央2-9-11 1F
■TEL 0263-33-5868
■営業時間 10:30~18:30 【GW/7月~10月】9:30~19:00 ランチ営業、日曜営業
■定休日 冬季12月~3月のみ水曜日

 

cafe SENRI 中町店
館内に広がる伝統的な日本家屋の風景

館内は無料で見学ができるので、一通り中を歩いてみました。

中町・蔵シック館

1階だけでもかなり広いです。

中町・蔵シック館

窓の外には日本庭園の風景が広がっています。
正面奥に見える建物は中町・蔵シック館の喫茶店で、
土蔵を改良したものです。

中町・蔵シック館

昔にタイムスリップしたかのような日本間。
欄間には透かし彫りの彫刻が施されています。

中町・蔵シック館

大きめの広間もあるので、そこそこ大きめのイベントで
貸し部屋を申し込んでも対応してもらえるのではないでしょうか。

中町・蔵シック館

1階を見下ろすことができる2階の窓から撮影した風景。
2階のいろいろな場所から梁を眺めることができます。

中町・蔵シック館

普通に使われれているこちらの階段は、
外からはわかりませんが、ある仕掛けが施されています。
階段右手の扉から、事務室にお邪魔させていただきました。

中町・蔵シック館

事務室内部から撮影した階段です。
階段を収納として利用することへの関心は高く、

蔵シック館 スタッフ
新築の家を作る際の参考に、見学していく方もいらっしゃいます

収納も現在ちゃんと使われていらっしゃるそうです。

お隣は喫茶店
中町・蔵シック館(茶房)

一度、館の外へ出て隣の土蔵へ。
こちらは現在喫茶店です。
扉にかかっている左のおしながきは日本語、
右のメニューは英語で表記されています。

中町・蔵シック館(茶房)

店内入り口あたりから観た風景。
日本庭園を眺めながら、軽食を楽しむことができます。

中町・蔵シック館(茶房)

1階2階、どちらの席に座るか悩むところではないでしょうか。
ちなみに壁にかかっているのは松本手まりです。

中町・蔵シック館(茶房)

メニューの中でもメインである「お茶セット(500円)」を頼みました。
緑茶と和菓子のセットで、和菓子は4種類から選ぶことができます。

お茶のほかにコーヒーもありますが、
ポイントはやはり中町の井戸水が使われていることです。

美味しい水で提供してもらえるのは、水の街でもある松本ならでは。
ぜひ、深みのある味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後に、スタッフの方に観光客の方へのメッセージをお伺いしました。

蔵シック館 スタッフ
中町は松本の民芸の発祥地で、工芸的な要素が強いところです。興味のある方は、ぜひ街並みを楽しんだり、お店に入ってもらいたいです
中町・蔵シック館
■住所 長野県松本市中央2丁目9 中央 2 丁目 9−15
■TEL 0263-36-3053
■開館時間 夏季:9:00~17:30 冬季:9:00~17:00 ※貸しスペースのご利用は午後10時まで可
■定休日 年末年始(12月29日から1月3日)

中町・蔵シック館のホームページはこちら

中町・蔵シック館(茶房)
■住所 同上
■TEL 0263-87-7723(茶房直通)
■開館時間 10:00~17:00(11月〜3月は10:30~16:00) 30分前ラストオーダー
■定休日 年末年始(12月29日から1月3日)

茶房のページはこちら

中町・蔵シック館

※取材日:2017年3月24日

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です